放棄する理由

相続は相続人の意思にかかわらず勝手にやってきます。亡くなった人が借金を背負っていたり連帯保証人になっていたりする場合には相続人はその責任を負うことになります。必ずしも相続人が故人の遺産をもらいたいというわけではないので、相続人が自分の意思で相続権を認めているのが相続放棄制度です。しかし相続放棄する意思があっても適切に期間内に手続きをしないと相続してしまうことになります。相続放棄の手続きは相続人本人が相続を開始してから3か月以内に家庭裁判所に申請する必要があります。この期間内に申請にしない自動的に相続してしまいます。提出する書類は相続放棄申請書・戸籍謄本・被相続人の住民票の除票が必要となっています。

相続と聞くとよくトラブルが多いと聞きます。これは故人の残してくれた財産を分け合う時にその取り分を巡ってもめるためです。相続人がもめないよう故人が遺言書を残してくれることがもめないための方法となります。自筆遺言書も自筆で書いたものでないと効力を発揮しません。あるいは公証人に遺言書を書いてもらう方法もあります。特別な手続きは必要ありませんが、偽物がでないよう本人の承認印や直筆が必要となります。今年から相続税の計算方法が変更となり以前は富裕層のみが相続対象となっていましたが、対象になる人は増えました。特に不動産を相続する場合には注意が必要です。相続税を納める時にもきちんとした手続きが必要なので注意が必要です。